【デグーのケージかじり対策】騒音がひどいので夜だけの別邸を作ってみた!

  1. デグーグッズ
  2. 134 view

デグーのドンフーさんがうちにやってきてから早1ヶ月たちました(*^^*)

一緒に生活するなかでとても実感していますが、デグーは眺めているだけでも可愛い仕草に癒やされますし、撫でられるとブサかわ(ほめ言葉)な表情で和ませてくれたりと飼育していてとても幸せな気持ちになれるペットだと断言できます(^-^)♪


が!!!

 

実はデグーを飼い始めたことで1つだけある悩みが出来てしまいました…。

それは

ケージかじりの騒音で夜眠れない…

ということ…。

 

 

《デグーの騒音問題》

デグーを飼育している方はこの騒音がどれ程の音なのか想像がつくと思いますが、これが人によってはけっこう耳に障ります(笑)

昼間はいくら音をたてても生活音に消されてさほど気になりませんが深夜の時間帯は要注意です。

シ~ンと静まり返った部屋に「ガタッ!!カンカンカンカン!」と金網をかじったり揺さぶったりする音が鳴り響くので音に敏感なタイプの人にはたまったもんじゃありません…。

神経が図太く、少しうるさいけどそれでも全然寝れるタイプ(私)もいれば、うるさくて全く熟睡できずストレスになってしまうタイプ(友人)もいるので一概には言えないのが怖いところです…。

私は一人暮らしのワンルームということもあり、金網をかじるこの金属音がどのくらいマンション内に響いて近所迷惑になっているのかわからないため、対策をとろうという結論になりました。

 

 

《寝るときだけの別邸づくり》

私達が考えた案は、自分たちが眠っている5時間ほどドンフーを別のスペースに移動させるというものです。

※ストレスが心配なのでお試し感覚で数日間だけのつもりです。

ということで、回し車が入る大きさの収納ボックスで自作の別邸を作ってみました♪

 

 

《用意したもの》

今回用意したものは

・ダイソーの収納ボックス
(サイズ 39㎝×27.5㎝×27.5㎝)

・ダイソーのはんだごて

・ダイソーのジョイントマット2つ

↑近所迷惑対策のためマットはケージの下にも敷きます。

すべてダイソーで揃えられました(〃’▽’〃)笑

 

そして出来上がった作品がこちら!!

う~ん(笑)

なんとも言えない素人感がはんぱないですが(笑)ちょっと不格好なのはお許し下さいドンフー様!笑

とりあえず収納ボックスにはんだごてで空気穴をたくさんあけて、回し車と謎のステージを取り付けました。

※はんだごてで穴を開ける作業にけっこう握力を使います。

作業時間は2時間弱。

蓋をしめるとこんな感じです。

だいたいの大きさの穴があいたところに力業で回し車などを差し込んだだけなのでドンフーの体重が増えてきたら壊れる可能性有りです(笑)

↑チモシー、ティッシュ、かじり木、最後にペレットと水をいれます。

今回はとりあえず急ぎで同居人の睡眠不足が解消されるため&近所迷惑対策として作ってみました…!

まだ生後2月なのでこの大きさのボックスで我慢してもらいますが、ドンフーが成長して大きくなってきたらボックスもまた新調する予定です。

ボックスの下にはピタリ適温を敷いています。

ボックスの中の温度は22~24度。湿度もちゃんと調節して、熱くなりすぎないようにピタリ適温の上に新聞紙を敷きます。

その部分は25~27度になりました(^^)

ドンフーさんが「あったかい~」?とピロピロ鳴き声をあげるナイス温度です!

《2日使用した結果》

金網をかじる音がなくなっただけで快眠ヽ(^0^)ノ

ケージのかじりすぎによる歯の病気もかなり気になっていたので夜だけでも金網ではない別のケージに移ってもらうのはいい手かもしれません。

まだ2日しか経過していませんが、このボックスに移ったあとのドンフーは、回し車を回したり、チモシーやペレットを食べたり割り箸などを噛んだりしてボックスの中でもいつも通り過ごしてくれています。

走り回れない点がとても申し訳ないのでこのまま別邸を使用するにしても早い段階で衣装ケースの広いものを作ってみようと思います。

心配性の私からみる限りでも温かいティッシュの上でピロピロないたり以外と図太く夜を過ごしてくれているようです(>_<)

《追記》

特にストレスの影響で下痢やハゲたりすることはありませんでしたが2週間もたたずに別邸の使用は無しにしました!元々こんな小さいボックスだとストレスが心配で可哀想だったので。

そして実は新たに他のケージかじり対策なるものを発見したのです…!!

その件はまた改めて記事を書かせていただきます♪




ブログランキングに参加しています。よろしければクリックにご協力ください!
にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。