【デグーの価格最新版】デグーの種類(毛色)とその価格についての最新情報

  1. デグーの生態
  2. 86 view

お疲れ様です。どんマネです♪

我が家にデグーのドンフーさんを迎えてからというもの、ホームセンターやペットショップに立ち寄った際は必ずデグーの姿を探してしまうようになりました。

もう少しドンフーとの生活に慣れてきたら、ドンフーのお友達として2匹目のデグーやデグーが仲良くできそうな小動物のお迎えも考えているのでなおさら気になっちゃいます♪

ペットを迎えるとなると現実的にまず考慮するべきはその価格…。

ということで、今回はデグーの種類(カラーバリエーション)と、その価格について調べてみました♪

デグーのカラーバリエーション

日本の市場でお迎えできるデグーは現在こちらのカラーバリエーションになっています。

アグーチ(ノーマル) アグーチパイド ブルー ブルーパイド サンド(イエロー) サンドパイド クリーム クリームパイド ホワイト

(※シルバーカラーやシャンパンカラーと呼ばれる種類もありますが元々のカラーが薄い傾向にあるだけに思えますのではぶきます。)

デグーは人気急上昇中のペットと言われていますが、まだまだホームセンターやペットショップで取り扱っている個体は少ない傾向にあります。

そして、やはり生まれて間もない小さな個体になればなるほど高い価格で売買される傾向にあります。

ここからは取り扱っているお店の傾向と店頭でお目にかかれるレア度、そして気になるお値段についてです。


 

★アグーチ レア度☆☆☆☆☆

動物ジャーナリスト藤原尚太郎のいきものいっぱい より引用

★販売価格 2,980円~16,000円前後

★販売場所 ホームセンター、ペットショップ

 

 

一番野性的で動きが早く、活発と言われるアグーチカラー。

アグーチカラーのデグーは健康的で元気な個体が多いとされています。

成長すると超特大ビッグサイズになることも。(大人のモルモット並み)

デグーというとこのカラーのイメージが強く、アグーチカラーは一番出回っている種類なので、ホームセンター、ペットショップ、どちらでも取り扱われているとても出会いやすいカラーだと言えます。

★ブルー レア度☆☆☆☆★

動物ジャーナリスト藤原尚太郎のいきものいっぱい より引用

★販売価格 5,980円~18,000円前後

★販売場所 ホームセンター、ペットショップ

 

グレーの毛並み(薄い濃いは個体差による)で、超活発なアグーチと比べるとおとなしめの性格と言われています。

ブルーカラーは90年代の後半頃、突然変異によって生まれたとされる比較的新しいカラー。

アグーチと比べて体が弱いと言われていますが、それは初期の近親交配によって数を増やされた影響がかなり大きいとされています。

現在では問題なく健康的に寿命を全うされてるブルデグーちゃんたちがかなり増えてきているようです。

★サンド(イエロー)レア度☆☆★★★

Instagram より引用

★販売価格 6,980円~30,000円前後

★販売場所 ホームセンター、ペットショップ

オレンジっぽい毛色のサンドカラー。

2年ほど前に日本に上陸したレア度の高いカラーでしたが、現在ではホームセンターでもお目にかかれるようになりました。(島忠ホームズさんで見かけました!)

個人的な感想ですが、熱帯倶楽部(吉祥寺店)さんや島忠ホームズさんにて拝見した20匹ほどのサンドデグーちゃんたちはみんな大柄な印象です…!(生後半年前後)

個体差はあるにしろここまで大きい子が揃うと若干大きめに育ちやすい特徴があるような…?(正確なデータがまだハッキリ無いので個体差としか言いようがありませんけども参考までに…。)

ちなみに色が薄い個体は“クリーム”と呼ばれています。

デグーの多いペットショップではクリームカラーの取り扱いに力を入れているようですが、やはりお値段もそこそこ張るためお迎え待機姿勢のデグーファンの方も多いのではないでしょうか…!?サンドやクリームは色素が薄いため他のカラーに比べるとつぶらな瞳が印象的です(笑)

★ホワイト レア度☆★★★★

※画像が見つかりませんでした(;O;)

 

★販売価格 23,000円~50,000円程度

★販売場所 ペットショップ

 

日本ではかなり珍しいとされているホワイトデグー。

ハイホワイト、スーパーホワイトとも呼ばれています。

まだまだお目にかかれるペットショップは少なく、お値段も他のカラーに比べるとグンと上がります。

私はプレミアムペットクラブさんで初めてホワイトデグーを拝見させて頂きましたが、パールのように真っ白な毛並みがとても綺麗で印象的でした。

単色だと若干ネズミ感が増すイメージのあるデグーですが店頭で直接目にすると、毛並みの美しさや個体それぞれの可愛い顔つきにうっとりしてしまうこともたくさんあります♪

 

《パイドカラー》

ここからはパイドカラーについてです。

パイドというのは英語の「まだら」「雑色」という意味にあたります。

比較的まだまだ珍しいとされるパイドカラーはホームセンターでの取り扱いはほぼ皆無。

デグーの遺伝子はアグーチが優勢遺伝子。その他のカラーは劣性遺伝子と言われています。

そのため、ブルーやサンドの両親でもアグーチカラーのベイビーたちが多く生まれます。

希少なパイドは、白みが多ければ多いほど価格も高くなる傾向に。

そんなパイドカラーですがペットショップやブリーダーから迎えることを前提に考えれば出会える可能性もたくさんあります。

 

 

★アグーチパイド レア度☆☆☆★★

動物ジャーナリスト藤原尚太郎のいきものいっぱい より引用

★販売価格 9,800円~28,000円程度
★販売場所 ペットショップ

★ブルーパイド レア度☆☆★★★

★販売価格 12,000円~30,000円程度
★販売場所 ペットショップ

我が家のドンフー師匠はこちららのカラーです♪

東京都町田多摩境にあるフィールドガーデンさんで生後1ヵ月、25,000円の価格でお迎えしました。

★サンドパイド レア度☆☆★★★

Instagram より引用

★販売価格 18,000円~40,000円程度
★販売場所 ペットショップ

 

 

《さいごに》

決して種類が多いとは言えませんが、こうして見てみるとそれぞれカラーによってだいぶ雰囲気の変わるデグー。

どの種類も可愛いですが、カラーうんぬんよりも大事なのはその個体の特徴かもしれません。

体の弱さや寿命などは結局その個体によって様々です。

それぞれの性格や特徴を最後まで愛してあげられる人は必ずペットからもお返しがかえってきます。

デグー(ペット)を幸せにしてあげたい!と心から願う人に少しでも役に立つ記事になれたなら幸いです♪

そして、可愛いデグーちゃんとの素敵なご縁があなたにありますように…☺♡




ブログランキングに参加しています。よろしければクリックにご協力ください!
にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。