【デグー飼育のデメリット】デグーを飼ってみてから分かったデメリットについて

  1. デグーの生態
  2. 277 view

お疲れさまです!どんマネです(^^ゞ

最近ようやくデグーを飼いはじめた頃の心配事や慣れないドタバタ感が落ち着き、平穏な日々を過ごしております(_ _)

家に居る時間が多い私にとって、デグーを迎えた事による癒しや楽しさなど、メリットの方が断然多く感じられていますが、今回はあえて飼育してみてから分かったデメリットについて書いてみようと思います。

人によってはデメリットに感じない点もあるかとは思いますが、デグーを迎える事前準備として知っておいて損はないと思うので良ければ考えてみて下さい(*^^*)

デグーはトイレを覚えられない…!

デグーは犬のようにトイレを覚える動物ではありませんので、部屋に出して散歩させたりスキンシップをとるとなるとあちこちで色々やらかします!(笑)

↑布団にオシッコされちゃった時

だいたいの人が柵の中でデグーの部屋んぽをしているようなので、ペットシーツなどを下に敷いておけば問題無いのかもしれません。

うちの場合は齧られて困るものは全部クローゼットにしまって、柵などは使わず部屋んぼさせちゃってます…(笑)

最初は段ボールで囲ってたんですが、好奇心旺盛なのでよじのぼって脱走したり、囲われた段ボールの中であんまり走り回れないのもなんだかなぁ…と、完全エゴに負けて部屋で走り回らせるようになっちゃいました…(_ _)

だいたいオシッコゾーンが決まっているのでその辺りにペットシーツを敷いて、されたくない場所はバスタオルなんかを敷いたりして…。

あとはフリーダムうんち君…💩(笑)

部屋んぽの度に可愛いコロコロうんち君を拾いながら健康チェックしてます(笑)

多分、綺麗好き~普通の人は部屋で野放し状態にはしないだろうけど、タオルやシーツ類を頻繁に洗えば個人的には問題ナッシングです!😊笑

部屋着もオシッコだらけになりますが可愛いので問題ナッシングです!😊😊😊笑

もはやデグー部屋と化しています☺苦笑

 

 

ケージかじり&よごれ問題

デグーを飼うまでは“ケージかじり”というものを甘く見てましたが、これがけっこうストレスの原因になります。

↑かじるので塗装が剝がれます…

飼い主のストレスとしては

・歯の病気になるリスクがあがって不安になる
・何を訴えたいのか分からないと心配になる
・単純にうるさい
・近所迷惑を考えてストレス‥などなど

 

単純にケージかじりはけっこう響くので耳障りになるかもしれません。

一番はやっぱりケージを噛むことによる歯の変形や、不正咬合になってしまう不安からのストレスですよね…。

↑防音対策&汚れ防止のためのマット

アパートでの飼育なんかでは近所迷惑問題にもなりかねませんので、振動が伝わらないよう防音マットなどを敷いておくのが無難です。

そして飼ってからしか気づけないもう一つの点として、デグーのケージ周りがけっこう汚れるという点…。

毎日オシッコやウンチが飛び散ってくるし、牧草も飛び散るし…。うん…。

もしデグー飼いを考えている方でワイヤータイプのケージを買おうとしている方がいるなら初期費用が高くなるとしても水槽タイプのケージを買うことを強くオススメします(^△^;)))

 

ワイヤーケージも通気性が良いなどメリットもあるんですがね…。

不正咬合になってしまうと定期的に歯を削りに通院しなければならなかったり、ご飯を食べなくなったな…と不調を感じてからあっという間に亡くなってしまうケースも多いようですし…。さらに、掃除の手間や騒音問題も回避できますしね。

近いうちに買い換えますが、私も最初から水槽ケージにしておけばこの数ヶ月齧らせることなく済んだのに…と今さらながらすごく後悔しています。

 

 

デグーの環境管理は意外と大変!

↑※この日は雪が降るほど寒かったので普段より高めの設定です。

デグーの認知度が低かった数年前に比べると最近ではホームセンターでもデグーを数千円単位でお迎えできる程になってきました。

見た目は確かに若干のネズミっぽさもあるので、ハムスター感覚でデグーをお迎えする方がいるのも充分理解できます。

が!!

 

予備知識無くハムスター感覚でお迎えしてしまってからでは後から大変な思いをされるかもしれません…。

まず

・デグーの適温20℃~25℃前後にするための温度管理
(エアコン、ヒーター、などで日々調節)
※個体によって適温は多少ずれるようです。

・同じく湿度を50%前後にするための管理
(加湿器、除湿器などで日々調節)

・ハムスターのように雑食じゃないので食事管理が大変(完全草食、粗食寄り)等。

 

このように季節や、天候に合わせた環境管理を日々行わないと、低体温症や熱中症などで命の危険にさらしてしまう可能性があります。

考えてみれば全く環境の違う海外で生息している動物達をわざわざ日本に連れてきてペットとして売買している訳ですから、その動物を迎えた時点で彼らに合わせた環境を提供する責任がありますよね…(>.<)

 

 

デグー飼育をすると電気代が必ずあがる

 

デグー飼育にエアコンは必須かと思います。(_ _ゞ

独り暮らしをしている私は今まで出来るだけ節約するため、冬はエアコンをつけず出来るだけ厚着をして暖房に頼らない生活を徹底してきました。(笑)

ですが、デグーを迎えた日から今度は逆に毎日エアコン生活に!(_ ▽_)(笑)

毎日の天気とケージの温度計を確認しながらエアコンの設定を変えてますが、だいたい26℃~28℃くらいの設定に調整してます。

例え29℃に設定したところでケージ周りは24℃前後にしかならないんですよね~(_ _)

なのでだいたいのデグー飼いの方達がエアコンとは別にペット用ヒーターも併用するようです。

私も“うさ暖”や“ピタリ適温プラス”を買ってはみたもののちょっと考えさせられる点があるので今は使用していません。

なので家ではケージ上部が23℃前後になるようにエアコンは高めに設定しています。(床は20℃くらいです)

ちなみにエアコン代は地域それぞれまた違うと思うので割愛させていただきます。

 

 

デグーが病気になってしまったら!?

ウサギやモルモット達と並べる程メジャーなペットになりつつあるデグーですが、“エキゾチックアニマル”の枠に当てはまるデグーはまだまだ情報も少なく、扱ってくれる動物病院も数少ないと言えます。

この事から

・自分の家の近くにエキゾチックアニマルを見てくれる動物病院があるか?

・もし通院するような病にかかってしまっても納得のいく形で最後まで面倒を見れるか?

 

このような点についてしっかり考えておく必要があるかもしれません。

小動物の体調不良や病気とどこまで向き合うかは飼い主それぞれ基準が違うのでしょうが、ペットの健康について前向きに向き合う気持ちがあるのか、もしもの時はどうするのか…、飼う前にしっかり考えてみる事でその時が来ても慌てずに済むかもしれません。

 

 

さいごに

デグーのデメリット、いかがでしたでしょうか?

音に敏感でもなく、柵も無しに部屋んぽさせちゃう自分からすると、一番のストレスはデグーの健康問題かな~って感じです(_ _)

電気代はやはり痛い出費と思えばそうですが、その分癒しや幸せを提供してもらってますからね!逆に仕事頑張ろうと思えばいいかな♪

デグーのお迎えを考えている方に少しでもお役にたてたら嬉しいです😊




ブログランキングに参加しています。よろしければクリックにご協力ください!
にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。