【デグーの体重】小柄なデグーに出来ること

  1. デグーの悩み
  2. 113 view

お疲れ様です!どんマネです\(^^)/

我が家のデグー、ドンフーさんは生後5ヶ月になりました!😊

あと1ヶ月程で成長期も終わるドンフーですが、ひとつ気になることが…。

それは体重の増加(成長)が遅いという点…(._.)

今回は“小柄なデグー”と“体重”について詳しく調べてみたので、同じ悩みを持つデグー飼いの方達とシェア出来ればと思います😊

 

 

 

小柄な体型は問題なのか?

(↑生後2ヵ月頃のドンフー)

“小柄だと健康面で問題があるんでは?”と心配になりますよね(T_T)

結論から言ってしまうと、ちゃんと餌も食べて、元気に運動して体重の減少も見られなければ特に心配はいらないようです。

そもそも、デグーの平均体重は1番野性的で大きい個体の多いアグーチが基本となっているらしいので、個体数の少ないパイドやブルーはどうしても平均的に“小さめ”の部類に入ってしまう割合が多そうです(T_T)

人それぞれ背が高い低い、太りやすい太りにくいなどの体格差があるようにデグーにも個体差はあるので小柄だから貧弱という訳ではないと知れただけでも少し安心できます😊

 

 

問題がある場合は?

(↑生後3ヵ月頃のドンフー)

健康面で病気の可能性が考えられるポイントとして、水を飲む量が異様に多くなったり、食べているのに体重が減少してくるなど、“いつもと違う現象”が目につくようであれば病院へ連れて行くのがベストかと思います。

この“いつもと違う現象”にいち早く気付けるように、日々の体重測定や健康チェックが重要なんですね(T_T)

小動物は不調を隠す生き物なので、気付いた時点ですでに深刻な状態という場合も考えられます。体重測定は毎日しなくても成長期後は平均的に週に1度は必ずやっておくと良いかもしれないですね。

デグーの体調の変化にすぐに気付いてあげられるように、毎日のスキンシップと健康チェックの重要性を痛感しました(>.<)

 

 

小柄になりやすい理由…

(↑生後4ヵ月頃のドンフー)

小柄になりやすいと言われている理由として3つの説が見つかりました。

1つめは、お母さんとすぐに離されて人工飼育で育つと小柄になりやすいという説。

2つめは、近親交配で生まれてくると小柄になりやすいという説。

この2つはどうしようもない理由です…。

3つめは、“成長期に食事制限をされて成長しにくくなってしまった結果、小柄な個体になってしまう”という説。

飼い主がデグーのことを想って食事制限するあまり、それが裏目に出て成長を遅らせてしまう危険性があると知った時は自分もヒヤッとしてしまいました(;_;)

ペレットは5%が基本と言われていますし、糖尿病を気にして手渡し程度しか与えない人も多いと言いますが、少なくとも成長期だけは最低5%はきっちり与え、全て食べつくすようならプラスであげも問題無いようです。

うちのドンフーも生後2ヵ月頃は平均と比べて30グラムも軽かったので、10%のペレットを毎日与えてきました。

10%だと少し残すので、チモシーと一緒で食べ放題状態だったと思います。

 

 

小柄なデグーに出来ること

成長期のデグーに出来ることは

・牧草食べ放題&ペレット多め5%~10%

・アルファルファを与える

・チモシー以外の色々な牧草を試す

・スキンシップをとる(持論)

 

このくらいでしょうか。

スキンシップというのは、人間でも幼少期にコミュニケーションやスキンシップをとってもらえず成長した場合、ストレスやホルモンの関係でかなり小柄な体付きになってしまう事例があるので、動物にも当てはまらなくはないかな…と、勝手に推測しました(>_<)

私もお迎え1週間後くらいから“牧草食べ放題&ペレット8%~10%”を意識して餌を与えてきました。

下記は食事制限無しでどのくらい成長したかの記録です(食事の前後はどうしても差が出ます)

  • 2ヶ月ぴったり→68グラム
  • 2ヶ月と1週間→76グラム
  • 2ヶ月と2週間→88グラム
  • 2ヶ月と3週間→103グラム
  • 3ヶ月ぴったり→108グラム
  • 3ヶ月と1週間→115グラム
  • 3ヶ月と2週間→121グラム
  • 3ヶ月と3週間→133グラム
    (アルファルファ投入!)
  • 4ヶ月ぴったり→138グラム
  • 4ヶ月と1週間→142グラム
  • 4ヶ月と2週間→148グラム
  • 4ヶ月と3週間→152グラム
  • 5ヶ月ぴったり→155グラム

こうして見てみるとだいぶ大きくなってくれたんだな~と嬉しくなります😊

それでも初期の頃は食べても食べてもあんまり大きくならないな~と心配でしたが、130グラム辺りから少しずつ体つきもがっしりしてきてデグーらしい体型に。

これからは牧草メインに切り替える時期なので少しずつペレットは控えていきます(*^^*)

 

 

さいごに…

(↑生後5ヵ月のドンフー)

うちのデグーの場合ですが、ペレットを10%程与えてきた結果このくらいまで成長しました。

成長期のペレットの与え方は飼い主それぞれですが、小柄な体型に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです…。

色々な牧草を与えて好みを知ったり、成長期だけ栄養価の高いペレットや牧草をチョイスしてあげるのも一つの手段だとは思います(>_<)

 

ではでは😊

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。