【デグーの副食・ペレット】我が家のデグーに“モルモットセレクションプロ”を購入した理由&レビュー!

  1. デグーグッズ
  2. 39 view

 

お疲れ様です!どんマネです😊♪
今日は我が家のデグー、ドンフー師匠に新しいペレットを購入したのでレビューしてみたいと思います。

今回購入したのはイースターさんから出ているこちらの

『モルモットセレクション プロ』

というペレットです。

島忠ホームズさんで税込1300円程でした。

いつもとは違う島忠ホームズさんにペレットを見に行ったところ、“デグーセレクションプロ”と“モルモットセレクションプロ”が置いてあったので成分表を比較してみるとあまり大差無いことに気付いたので今回はモルモットセレクションプロを購入してみました☺️

200グラムが3つの袋に小分けされています。ナイスです!!(*´▽`*)

【特徴】
●低カロリー、高繊維質な「チモシー牧草」が主原料のグルテンフリーフード。
●長期間にわたり機能を発揮する「高機能ビタミンC」を強化配合。
●モルモットの健康維持にβ-グルカンを配合。
健康を維持する事で免疫の維持に配慮しています。
●健康な消化吸収の維持に消化酵素を配合。
腸まで届く乳酸菌(EC-12株)を配合し、お腹の健康維持に配慮。
【対象:モルモット用】

サイズ内容量:600g(200g×3袋)

【原材料】
チモシーミール、アルファルファミール、脱脂大豆、えん麦、乾燥おから、タピオカ澱粉粕、ビール酵母、緑茶粕、植物抽出発酵エキス、たんぽぽ粉末、おおばこ粉末、アガリクス(β-グルカン源)、オリゴ糖、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(炭酸カルシウム、食塩、第二リン酸カルシウム、硫酸亜鉛、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、甘味料(ステビア)、アミノ酸類(DL-メチオニン)、 ビタミン類(C、コリン、ナイアシン、E、パントテン酸、イノシトール、B2、B1、B6、A、葉酸、K、B12、D3、ビオチン)、酵素(アミラーゼ)

【成分】
粗たん白質(以上)18.0%
粗脂肪(以上)2.0%
粗繊維(以下)22.0%
粗灰分(以下)9.5%
水分(以下)10.0%
カルシウム(以上)0.8%
リン(以上)0.4%
ビタミンC1,400mg/kg
代謝エネルギー(100g)250kcal
総合栄養食

デグーのペレットとしては数少ないグルテンフリーフードのようです。
グルテンはうっ滞のリスクを高めてしまう恐れがあるとされています。

こちらにウサギ限定の記事ですがグルテンを与える危険性として詳しい記事が記載されていましたので共有します。

うさぎさんにグルテン「小麦粉」製品を与えると… | うさぎカフェ うさびび | 【池袋】ー東京

 

 

★デグーセレクションとモルモットセレクションの違いは?

デグーはモルモットと同じようにビタミンCを体内で作れないため、良質なモルモット用のペレットをデグーに与える分には問題は無いようです。

デグー飼いさんには有名ですが、イースターさんでは“デグーセレクション”や“デグーセレクションプロ”という商品があるので今回何故モルモット用を購入したのかというと

・デグーセレクションプロの成分とそこまで大差がない。
・デグーセレクションプロより若干栄養素が高い(ドンフーが小柄で痩せ型なため)
・ビタミンCがデグーセレクションの倍以上
・デグーセレクションプロより200グラム量が多い

このような感じで成分的に問題無いし、量も多いし、一回買ってみよ♪という感じで購入しました😊

ドンフー師匠はビタミン剤を食べてくれないのでビタミンCが多いのは有難いです。

ネットで検索してみるとデグーセレクションプロよりデグーセレクションを与えている飼い主さんを多く見かけるので“デグーセレクション”の成分表と比較してみました♪

デグーセレクションの成分表

【成分】
粗たん白質:17.0%以上
粗脂肪:2.0%以上
粗繊維:23.0%以下
粗灰分:10.0%以下
水分:10.0%以下
ビタミンC:600mg/kg以上
カルシウム:0.8%以上
リン:0.4%以上
代謝エネルギー:370kcal以上/100g

違いがある部分を赤文字にしてみました。
このようにモルセレプロと比較してみると

・たん白質
→モルセレプロの方が1.0%高い
・粗繊維
→モルセレプロの方が1.0%低い
・粗灰分(カリウム、ミネラル等)
→モルセレプロの方が0.5%低い
・ビタミンC
→モルセレプロの方が800mg多い!

たんぱく質は基本的に低い方が良いのですが、ドンフーがまだ痩せ体型なので少し混ぜる分には問題ないと考えました。

繊維質は高い方がもちろん良いので、次に買うペレットは繊維質重視で選びたいところです(>_<)

楽天さんにプロではありませんが、あえて“モルモットセレクション”を与えている方のレビューがあったので共有してみます。

今までデグー用フードを与えていましたが、3匹いるとすぐ餌が無くなってしまい、デグセレは高価なのでこちら(モルセレ)に変更。成分は
【デグセレ】
粗たん白質:17.0%以上
粗脂肪:2.0%以上
粗繊維23.0%以下
粗灰分:10.0%以下
水分:10.0%以下
ビタミンC:600mg/kg
カルシウム:0.8%以上
リン:0.4以上
【モルセレ】
粗たん白質:18.0%以上
粗脂肪:2.0%以上
粗繊維:22.0%以下
粗灰分:9.5%以下
水分:10.0%以下
ビタミンC:1200mg/kg
カルシウム:0.8%以上
リン:0.4%以上
と言った感じで、ほとんど違いはありません!
繊維は若干劣りますが、ビタミンCはデグセレの2倍含まれています!
ペレットの形状はデグセレはデグーが手で持ちやすいように細長い形をしていますが、モルセレは短めですね。(バニセレみたいな形)

たしかに多頭飼いの場合は特にかもしれませんが、このくらいの差なら量を重視するという方がいるのも分かります(>_<)

アガリスクとは?

ちなみに、アガリスクという成分を重要視されてセレクションシリーズを購入される方もいるそうなのでアガリスクについて調べてみました。

Wikipediaによると

機能性
一般に健康補助食品として販売されており、医薬品等とは異なり効能効果を標榜することはできない[9]。信頼できる科学的なデータはないが、免疫賦活作用からがん予防・抗がん作用があるとして、日本では健康補助食品として広く服用されていた。日本では、「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質 (原材料)」に区分される。
免疫の働きを活発にする可能性があり、結果として癌の発生予防や増殖抑制が期待され、また癌治療に伴う副作用の軽減、免疫賦活作用により薬剤治療の効果の向上が望める、糖尿病や高脂血症の予防作用を持つと販売業者によって謳われている場合がある。しかしながら、国立健康・栄養研究所の調べでは、免疫の活性化を含めヒトでの有効性と安全性については信頼できるデータは2018年現在見当たらないとしている。

有効性が有るとする研究例
アガリクスの有益な効果については、以下に示すような予備的なヒト臨床試験・動物臨床試験等の研究報告がある[10]。
2004年に子宮頸がん等の患者に化学療法実施中の副作用の発現頻度や免疫機能を調べるヒト臨床試験(RCT試験)を実施し、その結果、副作用の出現頻度に関して、アガリクス・ブラゼイを摂取した患者の方が、プラセボを摂取した患者に比べて、症状の改善が認められたと報告されている。また免疫機能の評価に関しては、抗がん剤の投与が始まってから3週間目と6週間目のNK細胞の細胞傷害活性が、アガリクス・ブラゼイを摂取した患者の方が、プラセボを摂取した患者に比べて、有意に上昇していたと報告されている。

マウスでの動物試験では、Ganoderma lucidum (Rei-shi) mycelia とAgaricus blazei murill の培地由来水溶性抽出物の、放射線による生存時間の短縮予防と小腸細窩傷害に対する放射線防御作用の学術報告がされている[14]。またβグルカンの放射線に対する機能性検証について、マウスに9.0Gy照射後、生存率の検証を行った。白血球、血小板およびヘマトクリット値の回復を向上させ、マウスの内因性多能性造血幹細胞数を増加させたと報告されている[15]。結合している造血前駆細胞の増殖を促進し、白血球の回復を促進し、マウスの生存を増加させたという学術文献も報告されている[16]。

こういったものは売り文句として書かれているんだろう…という程度で、どこまで信憑性があるのかイマイチつかめないのでなんとも言えません(>_<)

免疫の働きを活発にする成分ならば入ってる分には損は無いかな!と解釈しています(笑)

★同じ草食動物でもウサギ用のペレットはNG!

先ほども書きましたが、モルモットは自分の体内でビタミンCを作れないのに対し、ウサギは自分でビタミンCを作れます。

なのでモルモットのペレットにはビタミンCが含まれていますが、ウサギ用のペレットにはビタミンCが含まれていないのでデグーに与えるとするなら繊維質が豊富で良質なモルモット用ペレットが推薦されています。

 

デグーやモルモットにとってビタミンCの欠乏は万病の元らしいので、ビタミンCの接種は必須と思われます。

同じ草食動物でも体調や命にかかわるこのような違いがあるのでちゃんと吟味するようにします!(>_<)

 

 

 

実食レビュー!

結論からお伝えしますと、全く食べてくれません!!!(笑)

袋をガサガサしていると近寄ってきて

「ちょっ!!なにそれ!?」

「よこせやコラっ」

「最初からすぐ渡しておけばええもんをお前ってやつは…ワシを誰だと思ってるんやっ…」

「…。」

↑捨てたペレット(笑)

 

グルテンフリーが良さのペレットなんでしょうが、やはり小麦粉を使用している方が食い付きが良いみたいです…。

 

その後、少しご飯に混ぜておいたところギリギリまで残していましたがお腹が減って結局最後は食べてくれました☺(笑)

カロリーも低めだし、グルテンフリーだし、食いつきは良いとは言えませんが混ぜてあげる1種類としては健康的で良いんじゃないかな(*^_^*)

ではでは☺

 

関連記事

デグーケージの組み立て方♡

フィールドガーデンさんで購入したデグー飼育スターターセットを組み立てていくよー!あらかじめ100円ショップで用意しておいたアイテムも設置していきます♪…

  • 145 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。